お金を増やすに特化したFP・投資家のブログ

お金の増やし方について書いてみたいと思います。本来、仕事を頑張って給料が伸びていけばいいのですが、中々そうはいかない低成長社会になってしまっています。

もちろん成長分野もありますが、もはや、職種や業種による格差は、努力や能力の差を考慮したとしても、大き過ぎる気がします。長く頑張っていればみんな豊かになるとかいう良い時代は終わったようです。

医療業界の給料が低い所で働いたからよりそう感じます。だから専門技能を持つ将来有望な若手であっても、一般事務職などに転職していきました・・・。年収40万上がるとか、休みが多くなるとか、引き留める要素もないのです。

給料だけでは豊かになれない

「やりたいことだけど、生活できないから転職する」っていうのはどうなんだろう。 これってとっても非効率ですよね。本人にとっても会社にとっても社会にとっても。だからといっても、会社に過度に期待してもダメですし、転職することもまたリスクもありエネルギーも必要です。

副収入を得よう

では、副収入を得ることを考えてみよう。

自分がお金の勉強を本格化させたのも、ちゃんとお金を働かせようと思ったからでした。お金は働くことを嫌がりませんし、きちんと日本だけでなく世界中で24時間働くことが出来るからです。自分の感覚として、元手に対する働きは以下の通りです。

さぁ、お金よ!いくら稼ぐのだ?

10万円あれば内職程度

30万円~50万円あればお小遣い程度

100万円あれば週一パート程度

300万円~500万円あればボーナス程度

1,000万円あればフルタイムパート程度

ざっくりとこんなイメージです。人によって違うでしょう。毎月・毎年稼ぐのかとか稼ぎの大小はどうやって働かせるかによります。しかしながら、基準を上回る成果を出したければお金に無理強いすることになり、体調を崩す(元本崩れ)のリスクも高まるかなと思っています。

個人的には10万円が最少運用額かなと思っています。ある程度の元手がないと、失敗した時の授業料としても、成功した時の喜びも、感じにくくなってしまいます。月々一定額を積み立てていくとしてもある程度の額がないと、真剣さが出てこないでしょう。

もし、あなたが資産運用初心者であれば、一つに全額を投入するのではなく、分散させることをおすすめ致します。より経験値を積むことが出来ますし、リスクの分散にもなります。時間と種類を分散させてください。

また、資産運用する元本がない場合、あなたの稼ぐ力が信用力になり、お金を借りれます。そのお金で不動産投資なども出来ますので、お金が理由で転職する場合は、その信用力を使う事も考えてみてください。転職後は一定期間お金が借りれなくなってしまう点をお忘れなく。

まとめ

転職前に副収入作り

お金を働かせるイメージを持つ

お金を増やす種(最低10万円)を持ち、分散させる

信用力でも副収入は作れる