FXの自動売買との出会い

人生において、仕事では稼げないことがほぼ確定しておりました。仕事への意欲も特になく、勤労者意識のみで働いていたと思います。喜びも達成感も、給料見て相殺どころかマイナスでした・・・。

そんなときに、たまたま「FXの自動売買で毎日小銭を稼げる」というブログ記事を目にしてしまいました。

「楽してもっと稼ぎたい」という欲が急速に高まることになりました。

FXの最大のメリットは、レバレッジを掛けられるということです。これだったら少ない元本でも、上手くやれば一攫千金が狙えます。

世に広まりだした頃からその存在は知っていましたが、何せ私は「石橋を叩き割る」くらいの性格で、一番優先すべきは「損をしない」という方針の慎重派です。

FXは「危ない・恐い」というイメージで、それまで避けてきた投資でした。証拠金ロスカットの仕組みが分かりづらかったというのもその原因の一つです。

しかし、「どうにかお金を増やす仕組みを見つけなければ自分に未来はない」という強い思いを抱くようになっていたので、投資信託より良いのか?可能性を探ることにしました。

早速、某アイドルがCMに出演していたFX会社で、300万円分の仮想取引ができるというサービスで試してみました。

FX自動売買の結果

始めて2ヵ月もしないうちに、317万円ほどになりました。(プラス17万円)

よく分からない間に、自動売買システムが勝手に小口のプラス取引を積み上げてくれたようです。

でもしばらくすると、トレンド転換という大事件が起きました。

これは水戸黄門の時代に突然、大政奉還が起きたようなものです。

そしてあっという間に損失が広がり、すぐに280万ほどになってしまいました。(マイナス20万円)

増えるのも減るのもあっという間だという、FXの魅力と恐さの両方を実感した私は、「これは本格的に勉強するしかない!」と、運営会社が主催するセミナーに何度も参加することになりました。

夢のあとさき

その甲斐あって、相場曲線の見方やトレンドの判断の仕方など、それなりの知識を得ることが出来ましたが、でもそれが成果に繋がることはありませんでした。

なぜなら、システムの設定を細かくチェックしたり、大きな為替変動が起きる原因が生じた際には即座に取引を一時停止したりという、稼ぐためには結局人の手による作業が必要なのですが、私にはそのための時間的・精神的余裕がなかったからです。

「楽して稼ぐ」ことを夢見てFXの自動売買を始めましたが、実はかなりの知識や、作業に費やす時間が必要なものでした。

少なくとも、素人が片手間でちょいちょいと稼げるような代物ではないというのが私の感想です。ちゃんとやれるのであれば、使い道はあるかと思います。

この記事を書くにあたり、しばらく放ったらかしにしていた自動売買システムの残高を、おそるおそる確認してみました。

当然と言えば当然かもしれませんが、170万円になっていました。(マイナス130万円)

自動売買システムと言っても、結局のところ人の手による適切な設定がされなければ勝てないということですね。

「楽して稼ぐ」の大本命

不動産投資のメリットは、銀行融資を受けることによってFXのようにレバレッジを掛けられるというところにあります。

少ない元手で大きな金額の物件を購入することができます。逆の言い方をすれば、「他人資本で出来る投資」ということになります。

そして相場の変動が緩やかなので、先の見通しが立てやすいことも魅力の一つです。FXのように相場の急変によって一瞬で大金を失うということはまず考えられません。

不動産投資の中でも特にマンション投資は、手間ひまを極限まで減らすことができる投資と言えます。

個人的には、自分でやることが少なすぎて退屈に感じるくらいです。「楽して稼ぐ」という目的は達しているので、もちろんそれで良いのですが・・

最初から大きな元手を有している方でしたら、より安全な外貨預金も一考の価値があるでしょう。日本という国へのリスク分散にもなります。

時間的な余裕と、ハイリスクを受け入れられる精神力がある方でしたら、勉強して知識を身につけた上でFXにチャレンジしてみるのも面白いかもしれません。

でも30代の頃の私のように、さほど大きな元手がある訳でなく、そして時間的な余裕もないという方はどうでしょうか?

むしろこういう方が一般サラリーマンの普通、多数派でしょうね・・・。

そうなるとやはり、「低リスクで手間ひまいらず」を実現できるマンション投資が、「楽して稼ぐ」の大本命ということになるのではないでしょうか。