ボーナス出れば御の字?

コロナの影響で、企業業績が悪化しております。ボーナス減額のニュースが散見され、大丈夫だろうかと心配している方も多いかと思います。

もしかしたら、去年の年収より下がっているかも?と源泉徴収票の数字を見なくても自覚しているサラリーマンの方もいるかと思います。

月々の給料明細は見ない方でも、年末調整の源泉徴収票の数字は一年間の頑張りの結果ですので、昨年と比べてみたりするのではないでしょうか。私も一喜一憂し、近年はもやもやして正月を迎えたものです・・・。

コロナだから年収が下がっても仕方ない・・・・。

果たしてそうでしょうか。仕方ないで済まされない問題が実はあるのです。

サラリーマン最大の武器

サラリーマン最大の武器と言ったら、何でしょうか。

私であれば、「ローンを組める信用力!」と即答いたします。銀行様が年収などをベースにお金を貸してくれる、それこそが何よりのボーナスだと思っています。

一定の会社規模と勤続年数は必要ですが、それこそサラリーマンの勝ち取った、日々の頑張りに報いる唯一のご褒美ではないでしょうか。

仕事後のビールの方がご褒美だ!とか、

うちは借金なんかしない!とか、

思った方もいるかも知れません。でも、急にボーナスを出さないと言われたり、退職金一律減額だ!と言われたら、

「はい分かりました」と素直に言えないですよね。

今の時代、

安定していて将来も保証されているサラリーマンっているのだろうか。

ローンを組めること

ローンを組めること、それがサラリーマン最大の武器と言いました。

なので、ローンを組んでくださいと言いたいです。ローンを組むと言うことは、世の中にお金を生み出すことにもなります。世のためにもなります。巡り巡って、給料としてあなたの財布に戻ってくるのが、経済の仕組みです。

消費ではなく、出来れば投資のために組んでください。

つまり、将来のために武器を使ってください。

住宅ローンを組みました

多くの人が、ローンを組む場合、住宅ローンが最も身近なローンになるかと思います。私もそうでした。

夢のマイホーム。

手に入れました。購入したことに後悔はありませんが、違う武器の使い方もあったのかなと思うこともあります。

住宅ローンは当たり前ですけど、自分の資金で返す物です。つまり、消費です。35年ローンを完済する頃には、建物の価値はほとんど無くなり、土地のみの評価が資産として残ります。日本においては、住宅は消耗品であるのが現状です。

つまり、自宅を手放して施設に入ったり引っ越す際は、売れるかどうかを市場に委ねることになります。

当初の購入額より高くなったり同程度であれば、住宅ローン消費ではなく投資と言えるでしょう。ですが、そんな将来性を見通して住宅購入できる方なんて限られているのではないでしょうか。

実際、私のマイホーム選びの際も、将来性を多少は考えましたが、売ることを考えて住宅を買いませんでした。どんな暮らしになるかな?など考えるのが普通ではないでしょうか。

イギリスの住宅ローン投資

日本においては、住宅は消耗品と書きましたが、海外はどうなのでしょうか。

イギリス人は貯蓄しないという記事をよんだことがあるのですが、資産は貯蓄ではなく「持ち家」という認識が普通のようです。

イギリスには退職金制度がなく、政府も国民に年金の代わりにと不動産投資 (Buy to Let) を奨励しております。

ロンドンは世界の金融の中心地であり、外国人の流入もあり人口も増え続けております。住宅価格は上がる一方で、古くなると価値を増します。

家族構成の変化によって住宅を買い替えていき、老後になったら住宅を小さくすることで老後資金を捻出するそうです。

住宅買い替え時は、その都度十分な利益を生み出しており、ロンドンでは住宅投資が大変盛んなんだそうです。

日本における住宅ローン消費

日本とイギリスで国が異なると、こうもローンの組み方が異なるんですね。まさしく、サラリーマンの最大の武器を活かしていると言えますね。

日本だと「借金地獄」みたいな悪いローンのイメージなのが、雪だるまを作るときのように、転がすほどローンで資産が増えていく、ローン錬金術みたいなイメージなのでしょうか。

しかし、日本の住宅で投資的な買い方は難しいです。それが可能なのは、新駅近くの新興住宅地だったり、再開発地区だったり、人口がこれからも増える都市でしょうか・・・。人口減の時代に・・・。

驚きました。20年後の人口予想を調べてみたら、政令指定都市であってもほぼほぼ人口減予想でした。唯一、福岡市の人口は、20年後も増加するそうです。福岡市の魅力でしょうかねぇ。

もしかしたら、東京都心か福岡のいい立地の住宅であれば、イギリス人のような投資的な住宅ローンが組めるかも知れませんね。

でも実際、そんないい物件なんて中々見分けがつかないですよね。

まとめ

サラリーマン最大の武器であるローンを組む力は、人生のボーナスです。

使わないともったいない切り札です。使い方次第で様々な可能性がございます。

安易に消費(住宅ローン)に使う前に、将来を考えお金を増やす武器(投資)として、使う可能性を探ってみてはいかがでしょうか。

我々はファイナンシャルプランナーであり、マンション投資アナリストなので、両方の知識がございます。ご要望に合ったプランニングが出来るのが強みなっております。お気軽にご相談してみてください。そして、すぐのご相談をお勧め致します。

なぜなら、今年分の源泉徴収票がもうすぐ発行されてしまうからです。

そうすると、年収が下がっていた場合サラリーマンとしての武器が弱くなったことを意味してしまいます。

コロナだから仕方ない・・・・と言えますでしょうか?

今のタイミングであれば昨年の年収で審査されますので、強さを維持出来ています。心当たりがある方がいないといいのですが、いかがでしょうか。

幸い現在、住宅ローン金利は非常に低く、この先も暫く低金利が続くと思われます。それは、同じ年収でも借りられる金額が増えていることを意味します。

「信用力という武器を、消費と投資両面から見てどう使っていくのか」

今の時代を生きるサラリーマンに、問われているのではないでしょうか。